りゅーとぴあ・1コイン・コンサート Vol.100 「祝祭の日 “ピアノ駅伝” 」

 2019年5月11日 

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 

コンサートホール

G.ホルスト(D.ルービンシュタイン編)

組曲《惑星》第4番「木星」ジュピター 

ピアノ:田村緑

イギリスの作曲家ホルストによる組曲《惑星》は、2台のピアノのために作曲され、後にホルスト自身により、大編成のオーケストラ作品に編曲されました。第4曲「木星/ジュピター」は、後に、弦楽器でゴージャスに奏でられる中間部の美しいメロディが歌になったり、様々な楽器編成に編曲され演奏されていますが、今回はピアノ1台での演奏です。 1日に4組のピアニストが、緑色のタスキをつなぎながらリレー形式で行った「ピアノ駅伝コンサート」。子供の頃、運動会のリレーでタスキをかけて走ったことはありましたが、ドレスにかけて演奏したのは初めての経験でした。

Gustav Holst: "The Planets", JUPITER for piano solo

transcribed by David Rubinstein.

Midori Tamura (Piano)

11th May 2019

at Niigata City Performing Arts Center "RYUTOPIA"

Holst, an English composer, wrote “The Planets suite ” for two pianos, and later, arranged it by himself for an orchestra in a large formation. ”Jupiter”, the 4th piece from the Planets, is known for a beautiful tune in the middle section played by gorgeous strings which has been turned into a song and is also played in many different instrumental formations. This is a solo piano version played at the “piano marathon concert” where 4 piano concerts took place in one day in relay style and instead of a baton, a green sash was worn by each player.

The rare experience of wearing a sash especially over a concert dress reminded me of Sports Day from my childhood.

映像提供:

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館

Copyright (C) 2014 TmZm Corporation. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている文章、画像など、すべてのデータを無断使用、加工、転送することは一切禁止致します。