profile

ピアニスト 田村 緑

 

東京都出身。桐朋女子高校音楽科を卒業後、英国財団の奨学金を受け渡英。ギルドホール音楽院ピアノ科首席卒業、シティ大学院音楽部演奏学科修士課程修了。パフォーマンスフェロー(特別研究員)としてギルドホール音楽院に勤務。インターカレッジ・ベートーヴェン・ピアノコンクール第1位ほか、数々の賞を受賞。ロンドンの名門、ウィグモア・ホール・リサイタル、BBCテレビ・ラジオ、Japan Festival への出演他、ヨーロッパや中近東への演奏活動を行う。

帰国後、その躍動感に満ち、情感あふれる演奏スタイルと、在英経験を活かした独創的プログラムが注目され、全国各地でコンサート活動を行う。

2007年度トリトン・アーツ・ネットワーク(第一生命ホール)と共に日本音楽財団助成による画期的モデル事業を実践。

2009-2010年度(一財)地域創造公共ホール音楽活性化事業・応用プログラムにて、福岡県直方市ユメニティのおがたと“ピアノコンサートに繋げる連続ワークショップ・連続アウトリーチ”を共同プロデュース。

2010年度 ステージラボ奈良セッション・自主事業音楽コース・コーディネーター。

2014−2015年度アウトリーチフォーラム岐阜セッション・コーディネーター。

2015年度 三重県文化会館 アーティスト・イン・レジデンスとして三重県内に35日間滞在し多彩なプログラムを展開。

2016-2018年度 いわき芸術文化交流館 アソシエイト・アーティスト。

2019年度 ステージラボいわきセッション・自主事業音楽コース・コーディネーター。

2020年9月 オリジナル企画の提供と監修で話題となった三重県文化会館「マイベストシート コンサート」の特集番組が、2020年9月23日NHK「まるっと三重」にて放送される。10月21日には NHK「おはよう日本」にて全国放送される。

田村緑は、聴き手が音楽を楽しめる体験とするために、様々な手法を生み出すピアニストとして貴重な存在である。特に普及の分野では先駆者的存在。地域と共にある新しい企画の開発、地域に貢献できる演奏家の育成など、活動は多岐に渡る。

(一財)地域創造・公共ホール音楽活性化事業・協力アーティスト。

CD「田村緑 魅惑のピアノ名曲集」「展覧会の絵」ほか。

ピアニスト田村緑公式ホームページ

https://www.tmzm.net

Midori Tamura graduated from the Toho School of Music in Tokyo, the Guildhall School of Music and Drama in London and holds a Master of Music Degree from the London City University.

Among her teachers were J.Havill, V.Szervansky and D.Takeno. She has won many prizes including 1st prize at the 4th Intercollegiate Beethoven Piano Competition, and was awarded a Performance Fellow at the GSMD during 1998-2000.Sincer her London debut recital in 1991, her London appearances include: Wigmore Hall, Japan Festival and both BBC TV and Radio, and she performed throughout Europe.

In Japan, Midori enjoys being a concert pianist as well as playing a leading role for the educational project throughout the country. She has appeared in NHK-BS, and currently, she is involved with the Japan Foundation for Regional Arts-Activities.  

1/10